Home 未分類 • 環境を整備してあげる

環境を整備してあげる

 - 

設計の段階から動線を考え、住みわけが進むようになったら、次にお互い快適な環境を作ってあげることになるでしょう。ペットがいれば、床は汚れやすくなります。その上、滑りやすい環境を作ると、腰を壊すことにもつながるでしょう。タイルカーペットなどを使えば、毛が抜けても目立ちませんし、交換もしやすくなります。タイルにしてみるのもいいでしょう。猫の場合には、壁を引っかいたりすることもありますので、交換ができるパネルにしたりすると、後々メンテナンスがしやすくなります。

音の問題も重要で、歩く音をどこまで吸収できるのかも考えてみなければいけません。騒音をカットできるようにするだけではなく、階段にカーペットを貼ってあげたりするだけで、音はずいぶんしなくなります。

臭いの問題は、飼っていると気がつきませんが、来客にはすぐに分かるものです。換気扇だけではなく、空気清浄機を取り付けられるようにするなど、対策が取れるようにしておくといいでしょう。

世話をしやすい環境は、ペットによっても違いがあります。しかし、こうした過ごしやすい環境というものは、そこまで大きな違いはないでしょう。ほんの少し、どうしたら過ごしやすいのかを考えてあげ、設計に生かしていくといいでしょう。

Author:管理者